• もっと見る
« 2024年04月 | Main | 2024年06月 »
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
若尾儀武「戦禍の際で、パンを焼く」45・46[2024年05月21日(Tue)]


戦禍の際(きわ)で、パンを焼く   若尾儀武

45

わたしは西方の空を見ている
連れの少年は
わたしの目の奥を覗き込んで
何を見てるのと問う
しかしわたしは
明快に何々とは答えられない

幾重にも重なった雲のなか
ひとも
兵器も
世界も迷彩色の衣服を纏って
力任せの漂流を強いられている
指揮官らしき男は
もっと もっと奥までというが
戻る道を見失っている

越えすぎた国境
死神に先導されて
故国は余りにも遠い

連れの少年は
向こうで
カタカタ ガクガク
変な音がするねという



46

天上の石を転がすように
子らがケラケラと笑いながら
緑の平原を遠ざかってゆく
一面の麦畑
穂をつけたばかりの

わたしは子らを追いかけ 追いつき
子らを追い越し
もう子らは後ろにしたはずなのに
聲は前からする

(どうなっているのだ)

わたしの連れの少年は
おじちゃん どうしたのと
怪訝な顔をして問う
えっ いや まあ
何か言いたいが
こうも力ずくの不義がはびこれば
世界の糸口が見つからない

ねえ おじちゃん
変だよ
ああ 変だ
顔にあかあかと火がつく
逆立つ髪に燃えうつる

それでも子らは
天上の石を転がすように
けらけらと笑いながら
なおも遠ざかりつつこの星を前に前に回す



若尾儀武『戦禍の際で、パンを焼く』
(書肆 子午線、2023年)より


◆詩集『戦禍の際で、パンを焼く』のV部(27〜49)の終わり近く。

45――西の空を見やりながら戦禍のウクライナを思う「わたし」に「連れの少年」が問う(Tの〈5〉で、公園の土に、文字を書いていた、新一年生になる少年だ)。
だが、出口の一向に見えぬ戦争を、どんな言葉で語れよう。
「わたし」が見ているものなど、「少年」に見えない方がいいのだ。
だが、少年の耳は、不気味な音をすでに聞きつけているではないか。

46――麦畑を遠ざかってゆく子らを「わたし」が「追いかけ 追いつき/追い越す」のは、彼らが戦禍に巻き込まれるのを防ぐためだ。だが、彼らはまるで天使か、すでに魂が現し身から離れてしまった者たちであるかのように、ついに追い越すことができない。

連れの少年がいぶかしげに言う――「変だよ」
――それは「わたし」の身に起きた異変なのか、それとも「連れの少年」に起きたことなのか、それとも、知らぬ間に、二人ながら戦火の中に身を置いているのか。
あるいは文字通り、身を焦がすほどの怒りに身もだえしているのか。


***

若尾儀武『戦火の際で、パンを焼く』カバーIMG_0001.jpg

帯の詩句は〈23〉(U)の一節。
本体表紙はそのウクライナ語訳のようだ(下の写真)。
*造本・装幀は稲川方人


IMG_02若尾儀武『戦禍の際で、パンを焼く』本体表紙.jpg




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml