• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月 »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
アケビ――宮澤賢治「春と修羅」[2024年04月20日(Sat)]

◆境川の土堤でアケビの花に出会った。

DSCN0769.JPG


DSCN0770.JPG
中央の大きめのが雌花(イソギンチャクの触手のようなめしべが6本放射状に開いている)。
その向こう、右斜めやや下に小さめに開いているのが雄花のようだ。雄しべは逆に丸まって見え、小さい(下の写真参照)。

DSCN0746.JPG

灌木にからみついて蔓を伸ばしている。

DSCN0747.JPG

時あたかも四月、賢治の詩「春と修羅」そのものではないか。

****


春と修羅  宮澤賢治
  (mental sketch modified)


心象のはひいろはがねから
あけびのつるはくもにからまり
のばらのやぶや腐植の湿地
いちめんのいちめんの諂曲
(てんごく)模様
(正午の管楽
(くわんがく)よりもしげく
 琥珀のかけらがそそぐとき)
いかりのにがさまた青さ
四月の気層のひかりの底を
唾つばきし はぎしりゆききする
おれはひとりの修羅なのだ
(風景はなみだにゆすれ)
砕ける雲の眼路
(めぢ)をかぎり
 れいろうの天の海には
  聖玻璃
(せいはり)の風が行き交ひ
   ZYPRESSEN 春のいちれつ
    くろぐろと光素
(エーテル)を吸ひ
     その暗い脚並からは
      天山の雪の稜さへひかるのに
      (かげろふの波と白い偏光)
      まことのことばはうしなはれ
     雲はちぎれてそらをとぶ
    ああかがやきの四月の底を
   はぎしり燃えてゆききする
  おれはひとりの修羅なのだ
  (玉髄の雲がながれて
   どこで啼くその春の鳥)
  日輪青くかげろへば
    修羅は樹林に交響し
     陥りくらむ天の椀から
      黒い木の群落が延び
       その枝はかなしくしげり
      すべて二重の風景を
     喪神の森の梢から
    ひらめいてとびたつからす
    (気層いよいよすみわたり
     ひのきもしんと天に立つころ)
草地の黄金をすぎてくるもの
ことなくひとのかたちのもの
けらをまとひおれを見るその農夫
ほんたうにおれが見えるのか
まばゆい気圏の海のそこに
(かなしみは青々ふかく)
ZYPRESSEN しづかにゆすれ
鳥はまた青ぞらを截る
(まことのことばはここになく
 修羅のなみだはつちにふる)

あたらしくそらに息つけば
ほの白く肺はちぢまり
(このからだそらのみぢんにちらばれ)
いてふのこずゑまたひかり
ZYPRESSEN いよいよ黒く
雲の火ばなは降りそそぐ


『校本 宮澤賢治全集』第二巻(筑摩書房、1973年)より


【語注】*原子朗『新 宮澤賢治語彙辞典』(東京書籍、1999年)ほかに拠った。

諂曲(てんごく)…自分の意志を曲げて他者に媚び諂(へつら)う意味の仏教語。
気層…大気の層
眼路をかぎり…見渡す限り
聖玻璃…教会の窓ガラス
ZYPRESSEN…糸杉
光素(エーテル)…初め光の伝播を媒介する媒質として(のちに電磁場の媒質として)仮定された物質。
天山…天山山脈(中央アジア)
玉髄…細長い石英の結晶が集まった鉱物。キャルセドニー。多様な色彩を呈するので、賢治の詩においては雲のたとえによく用いられる。
喪神…一般的には「喪心」と同義で放心状態を指すが、賢治においては神秘的な意味合いを持つ。
けら…簔


◆青くにがい「いかり」は何に向けられているのかハッキリしない(ハッキリ示すことができるなら、詩なんぞ作らない)。

生きてゆく以上、現世にも己自身にも「いかり」を抱かざるを得ない。激しく、実に劇しく。
「いかり」そのものと化すほかない。

全存在のエネルギーは空に向かう。

地上にさらしている体躯を、限りなく透明に近づけよ。叶わないのなら、どこまでも凝集して、そも果てに微塵に砕け散れ、と。


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml