• もっと見る
« 2024年03月 | Main | 2024年05月 »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
巻上公一「ベトベト」[2024年04月19日(Fri)]

DSC_0400.jpg
ハナズオウ(花蘇芳)という花らしい。
鮮やかな紅紫色の花のあとに葉が出てくるという。
いろどり豊かな春があちこちに姿を現している。

*******


ベトベト    巻上公一


思い上がった親切心で
さしのべた手のひらのベトベト

ふくれあがった財布のせいで
ふりかざす許せないベトベト

洗ってたおかげでめだっちゃってさぁ
たいへん たいへん たいへんはたくさん

見切り発車の愛国心で
なまぐさい日の丸のベトベト

悩みまくった小さな頭
やさしさにトゲのあるベトベト

かがんでたおかげで弱っちゃってさぁ
たいへん たいへん たいへんはたくさん

あれもこれー
どうしてこんなになったのか
どれもあれー
いきいきするのもいいじゃない

戦後教育破綻の跡に
やるせない学歴のベトベト

飼いならされた平和な心
へなちょこが身にしみるベトベト

学んでたおかげでまよっちゃってさ
たいへん たいへん たいへんはたくさん

あれもこれー
どうしてこんなになったのか
どれもあれー
いきいきするのもいいじゃない

ほんの小さな約束さえも
守れない政治家のベトベト

観音様にうかがいたてて
あやしげなしたり顔ベトベト


おどけてたおかげで
むにゃむにゃだみゃー

たいへん たいへん たいへんはたくさん


『巻上公一詩集 濃厚な虹を跨ぐ』(左右社、2023年)より


「ベトベト」するのは一方的な親切心やカネにモノ言わせる傲慢さを始めとして、いやらしくつきまとう「おためごかし」的なものだ。
すなわち、こちらのためを思っている風に装いながら、ほんとは自分の利益だけをはかっているものたち。
湿度の高いこの国で、まとわりついてがんじがらめにしながら少しずつ息をさせなくしてゆくものたち。

まともに付き合っていては個人も世の中も滅びるだけだ。
「むにゃむにゃだみゃー」をおまじないのようにしてやり過ごすか、立ち枯れするのを待つか。
まこと、「たいへんは(もう)たくさん」なのだから。





| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml