• もっと見る
« 2023年11月 | Main | 2024年01月 »
<< 2023年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
石垣りん「夜毎」[2023年12月01日(Fri)]

◆わずか一週間の戦闘中止(とはいえ、その間も殺傷はあった)。
多くの願いや祈りや一縷の望みのことごとくを黙殺して虐殺再開。

たとえば、次のような、眠りとすら呼べない数刻のネムリすら数刻も許さない――誰にそんなケンリがあるというのか。


夜毎   石垣りん


深いネムリとは
どのくらいの深さをいうのか。
仮りに
心だとか、
たましい、といった、
未発見の
おぼろの物質が
夜をこめて沁みとおってゆく、
または落ちてゆく、
岩盤のスキマのような所。
砂地のような層。
それとも
空に似た器
(うつわ)の中か、
とにかくまるみを帯びた
地球のような
(しずく)のような
物の間をくぐりぬけて
隣りの人に語ろうにも声がとどかぬ
もどかしい場所まで
一個の物質となって落ちてゆく。
おちてゆく
その
そこの
そこのところへ。




『表札など』(思潮社、1968年)所収。
ハルキ文庫『石垣りん詩集』(角川春樹事務所、1998年)に拠った。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml