• もっと見る
« 2022年12月 | Main | 2023年02月 »
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
菊池唯子「雪が」[2023年01月08日(Sun)]


雪が   菊池唯子


時間が
降り積もる
時に 底から噴き上げる

峠の夜
チェーンの音とまばらな灯と
ゆっくりと浮き上がっていく花びら
降り込められた壁の中で
美しかったものに気づく
もう確かめようのないもの
半ばくぼみになった足跡
固く凍った
四季

そうして
通りすがりのあえかな灯火のように
遠ざかっていく

降りしきる雪の中
小さく ひかりをこぼしながら


『青へ』(思潮社、2022年)より


◆昨日の「区界にて」とページを接して続く一篇。
時間的にも連続して継起した情景と読める。

◆降り積もるものを単に雪だと了解するだけでは終わらないものを、雪はもたらす。

心にとどめるべきであったものを覆い尽くして、時間の進み行きとともに氷結させ過去へと遠ざけてしまう。
その出会いは二度と起こりえないものであったのに、そのことに気づくのは美が視界から姿を消してしまった後だ。
四季がめぐったとしても、美とわたしとは、もう軌道を異にしている。人もまた。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml