• もっと見る
« 2022年12月 | Main | 2023年02月 »
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
菊池唯子の峠の詩「区界にて」[2023年01月07日(Sat)]


くざかい
区界にて*   菊池唯子


雷鳴
小石が当たる音
次の瞬間
雨の管が
わたしの車を包んだ

夜の道は音の壁になり
つぶての重みで
わたしの外側を探るのは


形など捨ててきたはずだった
だが
白く埋まる峠の空は
氷の脚で たしかに
まだある
わたしの形を打っていた

進しかない
それは比喩ではない
打たれるしかない
それは比喩ではない

遠く
山間のせせらぎの光る草原の上に
わたしの片足があり

覆われた幕の向こう はるかに
わたしの片腕が伸びる

積乱雲が
すべての水でたたき尽くすより速く
わたしは
何ものでもないすがたをさらして

大またで
この峠を越えるのだ


(原注)*区界峠 川井村(現宮古市川井)と盛岡市の間にある峠。標高七五一メートル。

『青へ』(思潮社、2022年)より

◆「峠は決定をしいるところだ。」とは真壁仁の詩「峠」の冒頭。

拙ブログでは石垣りん「峠」を引いたこともある。
 2018/8/26の記事
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/967

◆もう一つ新しい「峠」の詩が誕生した。

「区界」という、一般名詞として読みそうになる名前の峠が舞台。
峠は、手前と向こうの境界をなす場所であるだけでなく、ここまでと、この先との時間の境目でもある。
雹の急襲は、足もとに深い淵がパックリ口を開け、生も時間も断ち切られようとするギリギリのところに「わたし」を立たせる。

大またで越えるしかない。此岸と彼岸は決して地続きではない以上。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml