• もっと見る
« 2022年11月 | Main | 2023年01月 »
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
この世界にふさわしいものとして―志樹逸馬「朝」[2022年12月04日(Sun)]

志樹逸馬には、次のような佳篇もある。
自分の足もとが不確かなことに悩むとき、あるいは、どこにも居場所がないと思われて苦しいとき、そんなことは決してないよ、と語りかけそっと肩に手を置いてくれる、そんな詩のことばだ。

◆最終連、
〈わたしも/この世界にふさわしいものとして/ひとつの位置のあることを/感じる〉

――なんと深く確信に満ち、そして静謐なことばだろう。


***


朝  志樹逸馬

海辺の芝草をサクサク踏んで
たれにも気づかれず
朝はやく 露にぬれたなぎさに 近よる

自然が たれにも 見られているという
意識をもたない
静かなすがたでいるところを
そっと 足音をしのばせて
近よって
ながめたい ながめる

わたしは この時 とてもうれしい
美しい
なつかしい
幸福だとおもう

わたしも
この世界にふさわしいものとして
ひとつの位置のあることを 感じる



若松英輔・編『新編 志樹逸馬詩集』(亜紀書房、2020年)より

新編志樹逸馬詩集表紙.jpg

★装丁:たけなみゆうこ(コトモモ社)




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml