• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月 »
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
高細玄一「薄月」[2022年09月15日(Thu)]


薄月  高細玄一


昼間に白く 薄く在る月
堂々と 輝いている ときは
短い
人間の罪のように

いつも通る
無骨なボルトの浮き出た鉄橋が
架け替えられた
もう今日から そこに存在したことも
想い出す人はいない
夜風が
一陣の砂埃を巻き上げるが

一枚の貼り紙だけを残して
会社が消えた
会社に連なる諸々も
消え
なにごとも無かったように
存在し続けているもの



『声をあげずに泣く人よ』(コールサック社、2022年)より


◆「薄月」(うすづき)、一般には薄雲がかかった月のことかと思うが、この詩では冒頭に定義してあるように昼の月だ。地上の変化を見ていながら素知らぬ風で空に在るもの。

◆人の寿命より長そうな堅固な鉄橋も、新しく架け替えられれば前の風景は忘れ去られる(記憶の更新)。

モノや情報を通してさまざまな人をつなぎ、その暮らしを成り立たせていた会社も永遠ではない(組織が活動を停止するとき)。

*五輪をめぐる贈収賄事件で老舗出版社に司直の手が及んだ。
すべてをたたんで張り紙する時が来るんだろうか。
それとも、看板を付け替え、嵐が通り過ぎるのを待つのだろうか。


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml