• もっと見る
« 2022年06月 | Main | 2022年08月 »
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
まど・みちお「カバはこいよ」[2022年07月27日(Wed)]


カバはこいよ   まど・みちお
   ──読みたい人は下からもどうぞ

・いんことカバはこいよ
・だんしはカバもいかんな
・きびんなカバにいかせまい
・たかみのカバはむぎたべた
・かろく かおあらうのカバ
・だんなカバのマントがもれた
・むらに カバがきて いいのかな
・たしかなカバがかいたのです
・いかのるすにカバをみせたね
・ねたね うとうと めききのカバ
・よるでもカバ いるわいるわ
・ようようカバもらちあくかと
・カバはきて みずはるか
・しらかばやカバしなたかし


伊藤英治・編『まど・みちお全詩集』(理論社、1994年)より


*(タテ書きの詩を、ヨコ書きに表示しているので、詩題の次の行は「読みたい人はからもどうぞ」と書くべきところだ。)

◆暑すぎてか、蚊も蟬も少ない夏で、たまに遭遇しても元気がないようだ。
と思って上の詩を左からor右からたどっていると、「カ」も「セミ」も中に身を潜めていた。

「カ」はウンカのごとくちりばめてあるのがすぐ目に付くけれど、「セミ」は一匹だけ。
寝たフリをしてるので、鳴き声は聞こえない。
よろしければ探してみてください。




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml