• もっと見る
« 2022年06月 | Main | 2022年08月 »
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
池井昌樹「階」[2022年07月11日(Mon)]

2207芙蓉DSC_0302.jpg

芙蓉(フヨウ)


*******


階  池井昌樹


てれびもらじおもなかったむかし
ほのほかこんでおりました
ほのほはやまからもらってきました
やまはときどきほのほふきあげ
ゆれにゆれたりすることも
ほのほかこんでかおみあわせて
みんなだまっておりました
みずはそらからもらってきました
そらはときどきくろくひびわれ
りゅうがまったりすることも
ほのほかこんでかおみあわせて
みんなだまっておりました
あたりがすっかりしずまると
そらにきざはしかかりました
みたこともないなつかしい
あのなないろのきえたあたりに
だれもしらないところがあって
だれかがまっていることを
たしかにまっていることを
てれびもらじおもなかったむかし
ほのほかこんでほのほみつめて
みんなだまって
またたきながら


『未知』(思潮社、2018年)より

◆三度繰り返される〈ほのほかこんでほのほみつめて〉
炎を囲んでいる人々――互いの表情から思っていることや祈っていることの隈々までを伺いうる近さだ。
だから「みんなだまって」いられるわけだ。

空にかかった階(きざはし)の向こうにある未知の世界は、どんなところか知らないのだが、誰もが待たれていることを知っているから、不安はない。
だから「だまって」いても、その沈黙は深さに見合う豊かさがある。

◆事件や選挙結果をネタに、ああだこうだピーチクパーチクやかましいだけのTVを見せられると、この詩のような解毒剤が必要になる。




ラングストン・ヒューズ「祈り」[2022年07月11日(Mon)]

DSCN5790.JPG
横浜市中区山手の外国人墓地にて

*******


祈り  ラングストン・ヒューズ
       水崎野里子・訳 

あなたに伺います
どの道を行けばいいのですか?
貴方に伺います
どの罪を 耐えればいいのですか?
どの冠を 被ったらいいのですか?
私の髪の上に?
私は知りません
神様
私は知りません


水崎野里子『ラングストン・ヒューズ英日選詩集 友愛・自由・夢屑・霊歌』所収の〈霊歌〉より(コールサック社、2021年)

◆苦難を味わった者が信仰に向かうとき、祈りはしばしば問いのかたちを取るのだろう。
問いに対する答えは「私」の内にはない。
「貴方」に答えの用意はあるのだろうか?それは分からない。
私の内にはない、だから祈りは問いのかたちを取るしかない。
そのことだけがはっきり分かっている。





| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml