CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月 »
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
友部正人「真理について」[2022年06月24日(Fri)]

◆朝9時前に外は29℃、昼前には30℃を超えていた。救急車の音が何度も聞こえ、我が家の前も一台が通りすぎた。異様な一日。
コロナのことを暫く忘れかけていたが、これもこの一週間ほどは前週より増えている。と思ったら家人には4度目のワクチン接種券が届いた。そんな現実の通知も暑さの中に溶けていくような一日。

*******


真理について   友部正人


ぼくにも真理が見えるとしたら
それは午前二時半にやってくる
真理はぼくに気づかれないように
ぼくが眠っているうちにそっとやってくる

もしもそのときぼくが目覚めていれば
ぼくにも真理がみられるのだが
午前二時半はぼくが一番深く眠っている時刻
真理がどんな大きな足音はたてても目がさめない

だからぼくが午後十時に寝ることにした
そしたら自然に午前二時半に目が覚めるかもしれない
人は四時間半眠れば目が覚めるというではないか
ちょうど真理がぼくのところにやってくる時刻

ああ、だけど真理にそのことを気づかせちゃいけない
目覚めても眠ったふりをしなくちゃならない
ぼくは夜の景色になって
ただじっと真理が通過するのを見ていよう

やがて真理がぼくから遠ざかっていき
ぼくはまた深い眠りにおちる
朝になるともう何も思い出せないから
ぼくは真理なんて見たことがないと思っている



友部正人詩集『退屈は素敵』(思潮社、2010年)より


◆「真理」は一つの絶対的なものだと思われているかも知れないが、恐らく本当は人によって違う姿かたちをしている。一瞬も同じ相にとどまっていない雲に近いかも知れない。それは「しんり」と読む(呼ぶ)場合。
この詩ではもう一つ、人間みたいに「まり」という読み方(呼び方)を重ねて、人がそれぞれの全身全霊の愛を傾ける唯一無二の人、というイメージもダブらせているように思える。
ではラヴ・ソングか、というと、それだけでないように仕掛けてある。
夢(=未来の時間)の中に確かにやって来る人。だが、目を覚ませばもう見たことをすら忘れている。だからまた、ちゃんと見ようと思うのだ。かくして、生きて在る限りは、その姿を見ようと願い続けることになる。未来に向かって生きる熱源というべきもの。
かくて、ごくごくシンプルなことばによって、個別的でありながら同時に普遍的でもある詩の世界が現れた。


徳元穂菜「こわいをしって、へいわがわかった」[2022年06月24日(Fri)]

◆6月23日の沖縄慰霊の日、糸満市の平和祈念公園で行われた「沖縄全戦没者追悼式」では、沖縄市立山内小の2年生、徳元穂菜(ほのな)さんの平和の詩が朗読された。

去年、宜野湾市の佐喜眞美術館で「沖縄戦の図」(丸木位里・俊)を見たときの体験にもとづくものという。詩の全文を――



こわいをしって、へいわがわかった

                  徳元穂菜
(ほのな)

びじゅつかんへお出かけ
おじいちゃんや
おばあちゃんも
いっしょに
みんなでお出かけ
うれしいな

こわくてかなしい絵だった
たくさんの人たちがしんでいた
小さな赤ちゃんや、おかあさん
風ぐるまや
チョウチョの絵もあったけど
とてもかなしい絵だった
おかあさんが、
七十七年前のおきなわの絵だと言った
ほんとうにあったことなのだ
たくさんの人たちがしんでいて
ガイコツもあった
わたしとおなじ年の子どもが
かなしそうに見ている

こわいよ
かなしいよ
かわいそうだよ

せんそうのはんたいはなに?
へいわ?
へいわってなに?
きゅうにこわくなって
おかあさんにくっついた
あたたかくてほっとした
これがへいわなのかな?

おねえちゃんとけんかした
おかあさんは、二人の話を聞いてくれた
そして仲なおり
これがへいわなのかな?

せんそうがこわいから
へいわをつかみたい
ずっとポケットにいれてもっておく
ぜったいおとさないように
なくさないように
わすれないように

こわいをしって、へいわがわかった




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml