CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月 »
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
北島(ペイタオ)「戦後」[2022年06月01日(Wed)]

『北島(ペイタオ)詩集』(書肆山田、2009年)中、詩篇Xとして収められた1993〜2000年の詩群から一篇――


       ペイ・タオ
戦後   北島
         是永駿・訳


夢の中で蒸留されたイメージが
地の果てで旗をうち棄てる

池が明るくかがやき
あの失踪した者の笑い声が
はっきりと示している、疼く痛み
は蓮の花の叫び

われらの沈黙が
草の汁となり
紙となる、あの書くことによって生まれる
傷口を治癒する冬



◆旗が打ち振られ、それまでとは別の旗が屋上に掲げられ、ボカシの入った画面に動かぬ人のかたち。
非常時の映像がリモコン一つで日常のなかにある日々――それも四ヶ月目に入った。

◆上の詩は冬から春にかけての泥濘が、再び歳のめぐりを迎えるまでを、描いたかのようだ。
わずか十行ながら。

◆第二連は極楽の蓮池だろうか、「失踪した者」がそこにいるのか、それとも確かめるすべもないまま、魂の平安を祈るしかないと言っているのか。
彼らを載せるはずの蓮の花弁が揺れているが、いかなる「笑い声」がそこを響きわたっているのか、残された者に聞き分けることはまだできない。
そうである以上、いまできることは、言葉以前の沈黙に耐え、彼らと共に泥中に身を横たえ、種となり肥やしとなって、再び地上に茎を伸ばす日を待つことだ。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml