CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年11月 | Main | 2022年01月 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
喪中欠礼はがき[2021年12月29日(Wed)]

◆喪中を報せるはがきの中に、甥夫婦からのものがあった。
年末年始の挨拶を失礼することばの後に、次のような添え書きがある。

皆様よりいただく年賀状を毎年楽しみにしております
こちらの喪中はお気になさらず
年賀状をお送りいただけましたら幸いです


構えのない、開かれた心配りが伝わってくることばだ。
状差しに収めたら、そこだけほっかりあたたまっているように感じる。
時々読み返すだろうナ、と思う。


*******


手を   みくちけんすけ


手を翳して
とおくのほうを視て
見つけたと信じたものは
思い込みか幻影か
試行錯誤というやつで
つまりはなんとかなってきた
ことしもカレンダーは最終月

手をのばして
なにかを摑むなにかを握る
なにかを放すなにかに逃げられる
そのあとになにかが残ったかしら
けっきょく自分は
なにをしたかなにをしなかったのか
収支に穴をあけなかっただけ

手を振って
人と別れる人を招く
別れは哀しみだったろうか
出会いは歓びだったろうか
かけまわった時間とゆるりとした時間
ながく生きる退屈と刹那さ
喪中欠礼のはがきがつづいて届く


詩集『風歌(そえうた)(土曜美術社出版販売、2019年)より

***

◆同じ詩集から今年1月には「耳に」という詩を紹介していた。
300日以上を隔てて再び出会ったことになる。
こちらの好みがあまり変わっていない証拠であると同時に、何かしら「えにし」があるのだろうと思う。

2021年1月25日記事
【みくちけんすけ「耳に」】
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1841


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml