CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年11月 | Main | 2022年01月 »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
城侑「抗議」[2021年12月15日(Wed)]


       じょうすすむ 
抗議   城侑


木を盗んで山道をおりてきたら
おれをさして
泥棒! と
おまえはいった
だからおれは泥棒だが
おまえはなんだ

おまえの山の頂上から
立木を切って小さい町までおれは運んだ
枝葉をつけたままにして
ひきずりおろしたのもある
おれはたいてい短く切って束ねて運んだ
そしていま泥棒になったわけだ
ところでおまえは
なんであると証しできる

このおれが
薪を担いで降りてくるのを
山の途中で待ち伏せていて
おれの顔が見えたとき
泥棒! と叫んで
近づいてきただけのことじゃないか
それ以上になにをしたのだ
おれにたいして
なんといってお前は名乗る
さあ おおきな声でいってもらおう
おれにむかって
泥棒! といったふうに
おまえ自身を



嶋岡晨=編『詩国八十八ヵ所巡り』(洪水企画・燈台ライブラリ3、2017年)より


◆さまざまに読むことのできる寓意詩。

山の所有者である「おまえ」と「おれ」は、地主と無産者という関係になる。
「山の立木」を間に挟めばその持ち主と盗んだ者。
だが、「行動」に焦点を当てれば、一方は歴とした「行動する者」であるのに、他方は「無為の人」に過ぎない。
「呼ばわられた者」がそれを引き受けて「泥棒」を自認した今、「ところでおまえは/なんである」のか? と問われた地主は凍りついただろう。その足もとが揺らぎ崩れ去る感覚すら味わったであろう。
「おれ」は、単に開き直ったというより、「おまえ」に問いを突きつけたことで優位に立ったといえる。





| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml