CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月 »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
工藤直子「こどものころに みた空は」[2021年11月20日(Sat)]



こどものころに みた空は  工藤直子


ひとはみな
みえないポケットに
こどものころに みた 空の ひとひらを
ハンカチのように おりたたんで
入れているんじゃなかろうか

そして
あおむいて あくびして
目が ぱちくりしたときやなんかに
はらりと ハンカチが ひろがり
そこから
あの日の風や ひかりが
こぼれてくるんじゃなかろうか

「こどものじかん」というのは
「人間」のじかんを
はるかに 超えて ひろがっているようにおもう
生まれるまえからあって
死んだあとまで つづいているようにおもう



ハルキ文庫『工藤直子詩集』(2002年)より


◆詩の始まり、「ひとはみな…」を読んで、自分には当てはまらないなア、「ハンカチのように おりたたんで」ある空なんて、と思ってしまった。

もしかして「こどものじかん」などなかったんじゃないか、と感じられて、わびしい気分になった。
ひょっとして「人間」などという益体もないものになってしまうと、「こどものじかん」のことなど、すっかり忘れてしまうのかも知れないゾ、とすら思った。

だが、読み返すうちに、独りポツンと見あげていた空があったこと、ハシカで学校を休んでいた時だったと思い出した。
それは、「生まれるまえ」や「死んだあと」――無論その記憶もイメージも湧くはずはないのに――と確かに続いている「じかん」であることも間違いないように思えて来た。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml