CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月 »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
工藤直子「ふくろうめがね」[2021年11月17日(Wed)]

工藤直子の詩を歌ったCDに出会った。
工藤直子自身が自作から選んで『あいたくて』というタイトルで全25篇。

今宵の月(陰暦では13日)にふさわしい、次の一篇を――



ふくろうめがね   工藤直子


いつも ふくろうは お月さんと
なかよしともだち なかよしともだち
うれしいときは みあげて ほっほっほー
さびしいときも みあげて ぼうぼうぼー
  はひふへほーほー はなしをしてる

あるひ ふくろうは お月さんから
めがねをもらった めがねをもらった
まるい目だまに ぴったりの
なんでもみえる ふくろうめがね
  はひふへほーほー ふしぎなめがね

そこで ふくろうは めがね かけて
しっかりながめる しっかりながめる
あっちもこっちも そっちもどっちも
むかしのことも みらいのせかいも
  はひふへほーほー はあ びっくり
  はひふへほーほー ふくろうめがね



詩:工藤直子、歌:新沢としひこ『あいたくて』(アスク・ミュージック、2001年)より


◆夜の世界を睥睨しているかに見えるふくろうも、自分の力だけでは世界ににらみをきかすわけにいかない、というのがおかしい。

自分の目だけで世界が見えていると思っているうちは、夜の底に隠れているたくさんのものを見失ってしまっているのだろう。
お月さんの助けを得て「しっかりながめる」という気持ちと、「はあ びっくり」と心から驚く素直さを持たなくては。



  
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml