CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | Main | 2021年11月 »
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
くりはらすなを「闇」[2021年10月21日(Thu)]


闇  くりはらすなを



ちかごろでは
ひとつひとつの文字が影のように思え
どこか暗い闇を含んでいるようでもある
画数の多い漢字ほど
その闇は深く
その中に
こちらを
誘いたがっている
その暗さの中では
古代中国の
妖しげな
呪術が繰り広げられる
欧米の文字では
こうはいかないだろう
アラビア文字やキリル文字は
相変わらず
その闇を抱えているかもしれない
今では
世界は澱み
混沌としているから
大陸が移動していた時代が
再び近づきつつあるのだろう



詩集『遠くの方で』(国文社、2016年)より

◆夜中、ヒヤリとすることが時々ある。
探し物で常夜灯を灯した寝間に入り、とうに寝入っている相棒を踏んづけそうになることがこのところ多いのだ。

暗い場所での視力が落ちているに加えて、視界の一部に見えにくくなっている箇所があるみたいだ。腰を落として布団のどこかに丸まっている相棒の姿を確かめるために手探りすることも少なくない。

◆数年前、新宿だったか、小洒落た食べ物屋に入ったら間接照明がほとんどで、出された料理もよく見えないから、食べてもお腹の落ち着く感じが全くしなかった。
食事とは目でも味わっていることが良く分かったけれど、すでにその頃から加齢による視力の低下は始まっていたのだろう。

◆さてこの詩、文字が抱えている暗い闇にブラックライトを当てたような詩だ。
その闇の中でうごめいているのは、人間が文字を手にするより以前から嘗めてきた天変地異や戦乱の記憶、それに加えて無名の人々の往生を遂げないままの魂の堆積であろうか。

*試みに、手もとの漢和字典(旺文社『漢字典』1999年)で最も画数の多い漢字を探したら、「鹿」を3つ重ねた「麤」という文字だった。総画数は33。
「ソ」と読み、訓は〈あらイ〉。〈離れる・そまつ・そまつ・あらまし〉などの意味があるそうだ。
三頭の「鹿」が離ればなれにいるかたちから、「まばら/あらい」という意味になるようだ。
森の木下闇にたたずむ三頭の鹿、彼らの親疎、交情あるいは確執・暗闘に向けて、想像力の矢をつがえたくなる。





| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml