CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
天を仰ぐ=天をのぞきこむ[2021年09月02日(Thu)]

◆パラリンピックの陸上トラック競技。トップでゴールした選手がトラックに大の字になった。
あらゆるものから自分を解き放ったように見えた。

惜しむらくは、夜の試合で青空が見えなかっただろうことだ。
オリパラの営業上の都合による。

*****


天   山之口貘


草にねころんでいると
眼下には天が深い



太陽
有名なもの達の住んでいる世界

天は青く深いのだ
みおろしていると
体軀(からだ)が落っこちそうになってこわいのだ
僕は草木の根のように
土の中へもぐり込みたくなってしまうのだ



 金子光晴 編『山之口貘詩集』(彌生書房、世界の詩60、1968年)より

*****

◆「天」という字は、大の字になった人間の上に広がっている世界を表しているのだったか。
そういう厳然と存在する世界に照らしてわが身を改めてとくと見れば、誰だって自分が恥ずかしくなるだろう。
そうでない人間も永田町かいわいには多いみたいだけれど。




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml