CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main | 2021年07月 »
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
田村驤黶u天使」の〈時〉[2021年06月07日(Mon)]

◆別の詩人には別の「時」が経験されている。


天使  田村驤

ひとつの沈黙がうまれるのは
われわれの頭上で
天使が「時」をさえぎるからだ

二十時三十分青森発 北斗三等寝台車
せまいベッドで眼をひらいている沈黙は
どんな天使がおれの「時」をさえぎつたのか

窓の外 石狩平野(いしかりへいや)から
関東平野につづく闇のなかの
あの孤独な何千万の灯をあつめてみても
おれには
おれの天使の顔を見ることができない



*池澤夏樹・個人編集『日本文学全集 29 近現代詩歌』(河出書房新社、2016年)より

◆夜行列車の多くが姿を消したので、この詩のような「時」を経験することもまた消えてしまったことになるのだろう、このように書きとめられたもの以外には。

◆列車というものは確かにどこそこを何時に発ち、どこそこに何時に着くように走る。
しかし、それは時間の進行を体験することを意味しない。
特にこの闇の底を走る寝台列車においては。

◆この詩の「時」は時間のことではない。身を横たえて闇をの中を運ばれてゆく自分が、生でも死でもないところに浮いたまま、天使の存在を感じている、という「体験」のことを指す。
いくら眼を凝らしてもその天使の顔は見えないのだけれど。






| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml