CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main | 2021年07月 »
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
清水正一〈一篇の詩の最初の言葉〉[2021年06月01日(Tue)]

ニワナナカマドDSC_0157.jpg
ニワナナカマド。梅雨間近なころの白い花は、離れていても自ずから目に飛び込んでくる感じがある。


*******

『続 清水正一詩集』(編集工房ノア、1985年)より、もう一篇。



一篇の詩の最初の言葉   清水正一


少年のままの眼と耳で
ベン・シャーンの絵のまえにいる
友がみな偉くみえても
 花なぞ
 買わず

ひとり なじみの画廊にきている
一本のペンをぐっと握った右手だけの

たったそれだけの構図だけど
襲ってくるものはきつい

〈一篇の詩の最初の言葉〉

作品名も素晴らしい
在るとか
問うとか
始まるとか
他人もその思いはいだくだろう

いい気分で地下街から外に出る
雨が降りそ だけど
橋をわたって歩いて行く
ベン・シャーンとあるいてるよな
ぜいたくな錯覚

石油くさい駅ー雨となる

英国のネ・チエンバレンも舌打ちしそうな
古ぼけたコーモリをかかえ
黄色いビニル傘をちょいと斜にさして
おんな来る
ビニルをめくりあげて刻々近づく
三十数年つれそった妻だと わかる
―最初の言葉
〈なんか喰(た)べてきました?〉



ゴシック部分、原詩では傍点。

※「ネ・チェンバレン」…アーサー・ネヴィル・チェンバレン (1869-1940):イギリスの政治家。第2次世界大戦直前の1938年、ドイツのヒトラーやイタリアのムッソリーニに宥和政策を取ったことで知られる。
カズオ・イシグロの「日の名残り」に描かれる首相のモデルと目されている。

◆ベン・シャーンの「ペンをぐっと握った右手」の絵については下記のブログに画像がアップされている。

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ〈一行の詩のために〉
https://hammererix.exblog.jp/20139808/

blog オルシニアン
〈ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト〉

http://orsinian.blog64.fc2.com/blog-entry-1841.html

上のブログによれば、ベン・シャーンのその絵は、リルケ「マルテの手記」に触発されたものだという。

◆そう言えば、先日のBSクラッシック倶楽部でリュート奏者・つのだたかしが演奏していた小さな美術館〈as it is〉
そこに展示されていた美術家・望月通陽の作品も同じく「マルケの手記」から生まれた、と紹介されていた。

インスパイアされた息吹は方法も形式も異なる別ジャンルにおいて転生する。
つくづく人の想像力とは……と感じ入る。

◆さて清水正一のこの詩は、ベン・シャーンによってグッと魂をわしづかみにされた、その気分の高揚をスケルツォでうたう。
さまざまなイメージが湧いてくるけれど、いずれ現実に戻らなければならない。

◆最終連、みすぼらしいコーモリ傘に似合わぬ風情をまとってこちらに来る「おんな」は誰ぞと見れば……
気の利いたセリフのひとつでも、と思ったものの、実際はムニャムニャ訳の分からないつぶやきが洩れただけで、妻君のほうは怪訝そうな顔をしたことだろう。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml