CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年09月 | Main | 2020年11月 »
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
前触れもなく飛来するもの[2020年10月31日(Sat)]

DSCN4502ヒメツルソバ.JPG
ヒメツルソバ

*******

小禽賦  安西均

この老年の、無為で
つまらない日常にも、
ふいに息を呑むほどの
静寂が、訪れる折がある。

アパートの荒れた裏庭に、
舞ひ降りてきた
一羽の鶲(ひたき)が、軽く
落葉を踏んだだけなのに、
どこか遠い所で、けたたましく
非常ベルが鳴りはじめる。
そのやうな静謐である。

わたしが身じろぎもしないで、
椅子から眺めてゐる目の前に、
それは仮に鶲の形をとつた
〈純粋存在〉であり、
繊い肢でゎづかに歩いてみせ、
そしていづかたへともなく飛去っていく。
このやうな存在との
須臾のふれあい。

鶲よ。この
前触れもなく飛来する、
純粋存在の可憐さは、
幾百光年の彼方からか。
さもなくば、
わたしの死後の森からか。


安西均『チェーホフの猟銃』(新装版 花神社、1989年)より。


◆一羽の鶲が落葉を軽く踏んだだけなのに、遠くで非常ベルがけたたましく鳴る、という静けさの表現が印象的だ。

静寂を感得させるのは、何かのかすかな音だ。それは一滴の水が波紋となって池を波立たせるように、大きな音の円となって耳と目と体全体を驚かせる。

そうして、幾百光年か、数ヶ月先、あるいは数日先、ひょっとして数刻先かも知れない未来が確かにあって、そこに「わたし」が歩み入ることになることを直覚させる。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml