CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年05月 | Main | 2020年07月 »
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
白く小さな花の変容[2020年06月20日(Sat)]

DSCN3696メリケンムグラ-A.jpg

おととい写真を載せたメリケンムグラ、一雨あったのち見たら、花の一つが透き通って、あたかも薄い氷に変容を遂げたようだった。不思議だ。

純白の花が雨に打たれて透明な姿をさらして恥じない。
小さな小さな花だがその潔いこと。

*******


◆政府が新型コロナ接触確認アプリ(COCOA)の配信を始めたという。
スマートフォンの位置情報をもとにするのだそうだ。
個人情報保護が洩れるおそれや、常時監視されている気味悪さを払拭するためにさまざまなシバリを設定し、2週間経てば情報は削除される、とうたうが、果たしてどうか。
それほどにお上のやることなすことことごとく信用できない国の現状がある。

◆一方で、河井克行・案里夫妻の買収事件の裏付けとなったのが二人が使っていたスマートフォンのGoogleマップだったという。履歴情報という「動いた証拠」によって悪事を洩らさず捕らえる天の網として活躍したわけだ。

【6月20日週刊朝日記事】
河井前法相夫妻の逮捕の決め手はスマホのGoogleマップ
https://news.yahoo.co.jp/articles/522f8b86669d437041b98a557d022dd97dfb4db8

◆河井夫妻の件では、パソコンから削除した現金配布先のリストがデータ復元ソフトによってしっかり把捉されたともいう。

そうした恐れがあればこそ、2014年のO議員の政治資金問題では、会計データを保存してあったパソコンのハードディスクにドリルで穴を開け、証拠隠滅を図ったのであろう。

◆議員歳費はもとより、政党交付金にしろ一円たりとも国民の血税でないものは無いことを忘れ果て、身の処し方も弁えないありさまは野の花の潔さにとうてい及ばない。
メリケンムグラの花より大きな議員バッジは即刻返上すべきだ。




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml