CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年05月 | Main | 2020年07月 »
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈今変えなければ〉[2020年06月14日(Sun)]

DSCF0028.JPG
タチアオイ(立葵)は赤や桃色が代表的だが、白もまた対照的な美しさだ。
市内、今田公園にて。

*******

◆何台ものバイクが爆音を響かせて近づき、また遠ざかって行く。
彼らが集まるのは束の間の休日の夜遅くである。

先週、がら空きになった首都高速をスピードを上げて走るサーキット族のことをTVも取り上げていた。

◆40年以上前にも「族」と呼ばれる若者たちの姿があった。川を渡ってすぐのドリームランドや10km先の江ノ島は彼らの集結地点だった。

◆かつても今も若者たちが仲間とともに突っ走ることで鬱屈を振り払おうとしているのは同様だが、違うのは、現在は「格差」が自己責任の結果であるように意識させられる習慣が長く続いていることと、コロナ禍による失業問題であらわになった、社会の包摂力の欠乏だろう。

◆もうひとつ違うのは、自分たちを取り巻く社会の不合理をどうにかしたいと考えている若者が世界のあちこちにいることを身近に思える時代に生きている、ということだ。

今日、代々木公園から「Black Lives Matter Tokyo March」が街を練り歩き連帯を呼びかけたことがその現れだ。

***

◆今日の新聞から加藤登紀子のことば――

「2、3ヵ月、経済がストップしただけで、多くの人が生きられないレベルの困窮に陥る社会は世界でも恥ずかしい。日本のこの数年の制度改悪を、今変えなければならないと思います。」

(「しんぶん赤旗日曜版」2020/6/14号のインタビュー記事〈人〉から)


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml