CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月 »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
つくる・たべる[2020年01月14日(Tue)]

DSCN4557ブロッコリー.JPG
◆ブロッコリーの花。これは細い茎を次々収穫するタイプだろうか。
茎から大きいのを一個採るだけのはぜいたくだなと思う。百円玉1、2枚ほどの値段で店先に並んでいるのを見ると、作り手の手間と売り上げとを天秤にかけたくなる。

◆ブロッコリーは我が相棒の大好物である。
食欲がいま一つのときでも、茎を輪切りにして湯がいたのを出してやるとパクリとやる。
ぜいたくなやつ、と思うが、たいがい売り出しのときに買って来たブロッコリーだから、身の程を弁えぬ食事というほどではないだろう。
しかしながら、これを植えた農家の収穫・出荷までの汗を思うから、老境に入った相棒がくわえそこねて床に落としたりすると、つい「コラッ」と叱ってしまうのである。

***


老夫婦の会話  佐藤勝太

夕食の席で
隣のお爺さん
俳句を創るんだって
お婆さんが囁いた

御飯を噛みながら
夫のお爺さん
そうかそれは良いことだ
わし(私)は
米を作っている
と呟きながら茶碗を捧げて
咀嚼していた


佐藤勝太(かつた)詩集『夢がたり、昔がたり』(竹林館、2019年)より。




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml