CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
元号は不便でストレスフルだ[2019年11月03日(Sun)]
DSCN2073.JPG

葉が斑入りのツワブキ

*******

元号は不便だ

◆未整理のまま突っ込んでおいた文書類を整理することにした。
膨らんで出し入れが窮屈になった棚を可能な限り出し入れしやすい様にするのが主眼である。
それにはこれまでの蛇腹型ポケットの文書ファイルを極力減らさねばならない。

文房具店で40ポケットと60ポケットの横入れ(サイドイン)型のクリアファイルを数点買って来た。
横入れタイプにするのは出し入れがしやすいためである。
捨てるにしろ、並べ替えるにしろ、縦入れタイプは効率が悪い。
いつかやらねばと思っても、面倒な作業は億劫で後回しになりがちである。
文書整理は書類書き同様、ワクワク感に乏しい苦役である。少なくとも自分にとっては。

*文科省の審議を傍聴して目に触れる会議書類など、一頁にどれだけ文字やデータを詰め込むか、あるいは図解をいかに見やすく工夫するか、涙ぐましい努力の感じられる「作品」とでも呼ぶべき文書に出くわすことが時々ある。「分かりやすくなった」と審議会委員からおホメにあずかって笑みをこぼす事務局スタッフの姿に接することもある。

図示したものはギョーカイ用語で「ポンチ絵」と呼ぶらしい。今もって文明開化の時代を脱していないようだ(とからかうのは、書類書きも文書整理も苦手な者の下手な小唄に過ぎない。これらを全く苦にせず、かつ志操堅固な人には賛嘆を惜しまないつもりであるが)。


◆ファイルから取り出した文書類を時系列順に並べて要・不要に仕分ける。
残すべき文書で日付けが書き加えてないものや元号だけのものには西暦を上の余白に書いて一定のまとまりごとに新しいファイルにどんどん入れてゆく。
役所への申告文書などは、前年のものを参照することがあるから時系列に収めておくのが肝心だ。
クリアファイルというやつは文字通り、文書の内容が一目で判断できるためのものだ。

ところが日付けが元号だけのものがあって、混乱する。頭の中で換算、もしくは紙に書き出して確かめることになる。

元号だけの文書は役所や公的機関からのものに多い。
ただ、同じ市役所からのものでも、部署によって「西暦(元号)」と併記している場合があった。介護保険を担当する課からの文書である。高齢者を悩ませないようにとの配慮を感じる。
西暦に統一すれば、外国籍住民にも便利だろう。

ちょっとした文書もパソコンが作ってくれる時代、せめて「西暦(元号)」の併記にできないものか。

元号はストレスフルだ

◆元号標記だけの文書には、受け取る側の都合を考えない押しつけがましさがある。
市民・国民に向けて開かれた市政・国政であるべきを、肩そびやかして、民草はこれに従うべし、とふんぞりかえっている感じがつきまとうということである。

◆図書館でコピーをする時に提出する「複写届け」というB6サイズの用紙がある。
名前などは書かなくて良い簡便な様式だが、日付け欄があって、「平成」を抹消して「令和」に改めたゴム印が押してある。
日頃2019と書く習慣なので、ここでもそうしたいのだが、自分で抹消線を入れるには手間と勇気が要る。数字を書き込むスペースも狭い。
印刷済みの用紙の残りがあるからゴム印訂正で対応しているのだろうけれど、ゴム印を作る費用と、西暦(もしくは併記)版を自前で印刷する費用とでどれだけの違いがあるだろうか。

◆何年だったっけ、と頭で換算しているのは時間と脳ミソの浪費であるばかりかストレスフルである。
それは、「令」の文字に「命令」や「令状」のように押しつけや威圧のイメージがつきまとうからだけでなく、元号および一世一元制も日本国憲法に根拠を持たず、むしろ国民主権にそぐわないためである。

市民への通知や各種申告用紙が元号一つで良いとする役所の態度はそうしたことへの顧慮が微塵もない。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26) 3億円で買える銃と弾
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/25) マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
若き音楽家リュカ・ドウバルグ (06/09)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml