• もっと見る
« 軍事同盟にさらに突き進む岸田政権 | Main | 山口雅代「あかちゃんのな」 »
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
山口雅代「わたし」[2024年07月10日(Wed)]

DSC_0390.jpg
サルスベリ(百日紅)の咲く季節。今は白とピンクが見ごろ。


*******


わたし   山口雅代


お人ぎょうは
ひゃっかてんに
いくらでも うっているけれど
わたしは どこにも
うってはいない
せかい中に
わたしは たったひとりだけ
それに かあちゃんは
わたしを しかる



新版『ありとリボン』(編集工房ノア、2023年)

◆今月末、「ガザについて語ろう」という学習会を持つ。
その準備として何冊か本を読み進めている。
ひと休みに、と思って手にした詩集の、最初の作品。

1942年生まれの詩人は、小学校に上がる以前から児童詩誌に投稿していたという。
「わたし」はその頃の詩。

◆ガザで、キーウで、子どもたちがモノ以下に扱われて死ぬ。
その子どもたちもまた、母に叱られるかけがえのない時間を生きていたはずだのに。



2024年 教育の自由を求める学習交流集会
http://kokorofree.html.xdomain.jp/



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/3101
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml