• もっと見る
« 若尾儀武『戦禍の際で、パンを焼く』22 | Main | 若尾儀武『戦禍の際で、パンを焼く』26 »
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
若尾儀武『戦禍の際で、パンを焼く』24[2024年05月13日(Mon)]


DSC_0400シャリンバイ.jpg
シャリンバイ

******


戦禍の際(きわ)で、パンを焼く   若尾儀武

24

さあ はやくお逃げ
何処まで逃げても
お前は裏切り者でも卑怯者でもない
逃げることが戦うことと同じだということだってある
踏みにじられる麦畑
焼き尽くされるヒマワリ畑
不条理な侵攻が戦線を拡大する
猶予はない
南からの風がまだあるうちに
さぁ さ
はやくお行き

荷物は少なければ少ないほどいい
ただひとつ
土を一握り
布袋に詰めていくのを忘れてはいけないよ
おまえの小さなウクライナ
季節がくれば季節の花と実をつける

ん? わたしかい
わたしはここに残る
もう何処に行ってもここにいるのと同じだからね
それにここでなければできないこともあるしさ
ここ数ヶ月 めっきり人通りが絶えた
それでも
ひとり分 余分のパンを焼いて
来る人を待たにゃならんからね


若尾儀武『戦禍の際で、パンを焼く』(書肆 子午線、2023年)より



◆みなしごとなった子どもに別れを告げ、ほかの誰かに託そうとする老婆。
彼女は、ここに留まってパンを焼く、と言う。
それも「ひとり分 余分のパンを」だ。

それは誰のために焼くパンなのだろう?
同様に家族を失い、ここに逃げ延びて来る者?

あるいはこうも考えられないか?

――憔悴し重い足取りでやってきた「敵」?
それとも、眼に深い悲しみをたたえた救い主――



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/3043
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml