• もっと見る
« まど・みちお「かがみ」 | Main | もの言う自由――小熊秀雄「馬の胴体の中で考へてゐたい」 »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ロシアのウクライナ侵攻2年[2024年02月23日(Fri)]

◆家の中でも吐く息が白い一日。
戦地と比べものにはならない温さとは言え。

*******


経帷子   野口米次郎


『君、経帷子
(きょうかたびら)を持つて来るには少し早やすぎるぢやないか。』
死は私の言葉に応じて、妙に微笑し、
『ほんの仮縫ひにですよ』と私に答へた。
『そこが余り緩
(ゆ)るすぎやせんかね、またここが固すぎる。
第一、僕はこの色が気に入らない。
何はさて置き、多少スタイルが無くてはね。』
彼は大きな笑を洩
(もら)して軽蔑(あざわら)ひ、
私にいつた、『御戯談
(ごじょうだん)ものですよ、
これはあなたの人生の着物を
一寸
(ちょっと)ひつくり返したのみぢやありませんか。』


高橋順子 編著『日本の現代詩101』(新書館、2007年)より


◆死神の狡猾・詭弁に籠絡されないためには、凍てや風に消えることのない希望の種火を身の内に絶やさぬこと。





この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2963
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml