• もっと見る
« 小澤征爾「音楽」=声=まど・みちお「木」 | Main | ロシアのウクライナ侵攻2年 »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
まど・みちお「かがみ」[2024年02月22日(Thu)]



かがみ  まど・みちお


この地球のうえには
ほうぼうに置いてあります
海や
川や
湖水
(みずうみ)など
さまざまな美しいかがみが

それが そこに置いてある…
ということよりも相応
(ふさわ)しいことは
この世の中にないかのように

それは 私たち
生き物だけのためにでしょうか
山や

太陽や
星たちでさえ
じぶんの顔を見たくなることが
あるからではないでしょうか



谷川俊太郎・編『まど・みちお詩集』(岩波文庫、2017年)より

◆異様な暖気から一転して一ケタ台の気温に戻り、雨シトシトの肌寒い日がしばらく続く模様だ。

回覧板を隣家に駆け足で届けた帰り、手鏡くらいの水たまりが出来ていて思わず足を停めた。

頭の片隅に上の詩が揺曳していたのかも知れない。

ポツポツ落ちくる雨に乱されて、映るのはわがぼんやりした影のみ。
家の中の鏡すらめったに見ない習慣だけに、よけい貧相に思える。
誰がこんな所に鏡を……と、うらんだりはしないけど。




この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2962
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml