• もっと見る
« 「小さな版画のやりとり」展at茅ヶ崎美術館 | Main | 平塚らいてうの碑〜伊藤野枝の映画『人よ あらしよ』 »
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
八木重吉の詩碑[2024年02月12日(Mon)]

◆茅ヶ崎市美術館前に八木重吉(1898-1927)の詩碑がある。

茅ヶ崎にあった結核療養の施設・南湖院で療養し、退院後も茅ヶ崎に住んだ。


IMG_20240211_120816.jpg


むし
    

蟲が鳴いてる
いま ないておかなければ
もう駄目だめだというふうに鳴いてる
しぜんと
涙がさそわれる

   八木重吉


◆この「蟲(虫)」を収めた第二詩集『貧しき信徒』の完成を見ることなく詩人は29歳で没した。
「いま ないておかなければ」とは、詩人の胸中から常に衝き上げてくる思いであったろう。
作品は短章が多いけれど、短い生涯に二千を超す詩篇を遺したという。

詩人の略歴と茅ヶ崎について記した碑もかたわらにあり、建立に携わった人たちの詩人への敬慕を示すごとくに、こちらも立派である。

IMG_20240211_120831.jpg



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2952
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml