• もっと見る
« 木島始「のはらのかたすみで」 | Main | 谷川俊太郎の詩〈おなかをすかせたこどもは……〉 »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
竹久昌夫「鐘」[2023年11月21日(Tue)]



鐘  竹久昌夫


打つ
誰かが鐘を打つ
ふかい眠りのなかで
どこにも吊るされてない鐘を

こうとも言えよう

がらん どうーん がらん どうーん
と 私が鳴り止まない時には
遠い空の頂に
不明の鐘が吊るされているのだ と

私は
この時の私を愛しむ。



森田進・佐川亜紀『在日コリアン詩選集』(土曜美術社出版販売、2005年)より

*竹久昌夫は1939年に韓国に生まれ、1971年来日。2001年、日本で死去。
姜晶中(カンジョンジュン)の名で多くの翻訳書がある。


◆鐘の響きに共鳴する「私」の全存在。
その鐘は遠い空の天頂で鳴っている。

短い詩だが、世界と人間への信頼と愛情を感じさせる。
同時に、それに見合うだけの深い孤独をも。




この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2868
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml