• もっと見る
« ガザから≪毎朝、今日が最後の日だと感じています。≫ | Main | ガザ アル・シファ病院のちいさな命 »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
長田弘「午後の透明さについて」[2023年11月11日(Sat)]

◆久しぶりに最初の卒業生たちのクラス会、集うことができた。
まだまだ仕事は現役の人たちばかり。
元気そうでホッとしたが、コロナでしばらく会わずにいるうちにそろって還暦を一つ過ぎていた。
遅まきながら還暦祝いのメッセージとして、長田弘の詩をどの人にも一節ずつプリントして呈上した。

以前書いた通り、学生時代に長田弘さんの授業を受けることができた。
それを受けとめ、さらに次の世代へと承伝する言葉としたかったのである。

◆生前、NHKテレビの時論公論で話されている長田弘さんを拝見した。
「言葉のダシのとりかた」『食卓一期一会』所収)の朗読とともに、滋味のある話を聞くことが出来た。
以来、10年近く、このブログでも10数篇の詩を取り上げてきた。

◆詩のそこかしこに存在するのは何気ない日常やこの世界に息づくものたちへの注意深いまなざしだ。
言葉は、昨年からのウクライナ戦争や現在毎日のように我々の胸を締め付けるガザのジェノサイドを前にしてあまりに非力と思える。

だが長田弘の詩の言葉は、決して無力ではなく、あらがい続ける人々の遙か後方からであるにせよ、息長く応援するための、と言うのがおこがましいならば、少なくとも目を逸らさぬ意思の基点とすべき言葉たちであると信じるゆえに。

◆次の詩も、そうしたことばの一つ。

*******

午後の透明さについて  長田弘

ない。何もなかった。
何もなくなるまで、何も
気づかないでいるけれども、
人生は嘘ではなく、無なのだった。
確かなものなどないのだった。
青空の下には、草花があった。
樹があり、木陰もあったのだった。
そうして夢もあったはずだけれども、
ない。何もなかった。
時は過ぎるというのは嘘なのだった。
時はなくなるのだった。思いだすことなど何もないのだった。
新しいものは見知らぬものなのだった。
目を閉じなければいけないのだった。
見るためには。聞くためには、
耳をふさがなければならないのだった。
どこにも本当のことなどないのだった。
石にも、雨の音にも、音楽にも、
言葉にも意味があるはずだったけれども、
ない。何もなかった。
われわれは何者でもないのだった。
微笑むべし。
海辺の午後の日差し。
砂州のかがやき。
水鳥の影。
人のいない光景のうつくしさ。


『一日の終わりの詩集』(みすず書房、2000年)所収
『長田弘 全詩集』(みすず書房、2015年)に拠った。


***

◆結びの五行(「微笑むべし」以下。とくに「人のいない光景の美しさ」と表現すること)を、たとえばいま現実に進行中の凄惨な事態と並べることがそもそもできるのかという疑問はありえよう。
だが、並べてみて見えてくるのは、現実と表現の乖離でも隔絶でもない。まして人無き世界が出来する危機への冷笑ではない。

それらのいずれでもない事態を引き寄せるために、対立や暴力を消し去った世界を垣間見せる(=そのためには、愚かな人間という生き物を一旦消去してしまう)ことによって、われわれはそれでも何者かでありうるのか、一つでも良きことを世界のためになし得るのかと、静かに、そうして厳しく問いかけているのだ。




この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2858
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml