• もっと見る
« 田村隆一「出発」 | Main | ショウジョウソウ(猩々草) »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
田村隆一「保谷」  [2023年09月09日(Sat)]


保谷  田村隆一


保谷はいま
秋のなかにある ぼくはいま
悲惨のなかにある
この心の悲惨には
ふかいわけがある 根づよいいわれがある

灼熱の夏がやっとおわって
秋風が武蔵野の果てから果てへ吹きぬけてゆく
黒い武蔵野 沈黙の武蔵野の一点に
ぼくのちいさな家がある
そのちいさな家のなかに
ぼくのちいさな部屋がある
ちいさな部屋にちいさな灯をともして

ぼくは悲惨をめざして労働するのだ
根深い心の悲惨が大地に根をおろし
淋しい裏庭の
あのケヤキの巨木に育つまで



現代詩文庫『田村隆一詩集』(思潮社、1968年)より


◆台風がもたらした雨がともかくも治まった。
この詩がいうように「灼熱の夏がやっとおわって」、虫の声も耳に付く夕刻を迎えた。

◆詩中の「保谷/武蔵野」という地名の組み合わせを他所に移してみたら――などと不埒な考えが一瞬浮かんだのだが、そんなものは武蔵野を吹き抜ける風にたちまち吹き飛ばされた。

枝を揺らし葉の色を失わせるその風は、「ぼくのちいさな家」をも揺さぶり、「ぼく」の「悲惨」をかき立てずには居ない。
となれば、「悲惨をめざして労働するのだ」と開き直る以外に何ができよう。
吹き飛ばされぬために、大地に根を張る――そうしてわが「悲惨」を、土中深く大地への養分として注入し尽くすことだ。

◆吹く風がつむじを描いて「ぼく」のなかを吹き抜ける。
そのまま土に潜り根毛の隅々まで太らせた果てに、再び地上に噴き上がり、太い幹を現出させる。

――この詩を読みながら、武蔵野にまつわる記憶のあれこれをよみがえらせようとすると、どれもクルクルと風に吸い上げられ、そのまま、聳え立つ一本のケヤキの中に溶け込んでゆくように思えてくる。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2793
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml