• もっと見る
« 志樹逸馬「生」 | Main | 志樹逸馬「闇」 »
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
志樹逸馬「種子」[2022年12月01日(Thu)]



種子  志樹逸馬


ひとにぎりの土さえあれば
生命はどこからでも芽を吹いた

かなしみの病床でも
よろこびの花畑でも
こぼれ落ちたところがふるさと

種子は
天地の約束されたことばの中に
ただ みのる

汗や疲れをなつかしがらせるものよ

黒土の汚れ
生きてさえおれば
花ひらく憧(あこが)れをこそ持って来る


若松英輔・編『新編 志樹逸馬詩集』(亜紀書房、2020年)より



◆第三連、種子が実るのは「ことばの中」、それも「天地の約束されたことばの中に」であるということ。詩人がつかみ得た真実だ。

単に自己表白や、いっときの慰めにとどまらないことば。
それは遠い旅に出る――根を伸ばし養分を吸い上げて花ひらくための力を秘めて。
風や水に運ばれ、たどり着いたところの土、その約束の地に新たな言葉が芽吹く。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2516
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml