• もっと見る
« 若松英輔「なぐさめの真珠」 | Main | 志樹逸馬「種子」 »
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
志樹逸馬「生」[2022年11月30日(Wed)]


若松英輔が編んだ『新編 志樹逸馬詩集』(亜紀書房、2020年)が手に入った。



生  志樹逸馬


生はいつも
はじけている 砕けている 転がっている
生はいつも
まっしぐらに進んでいる

涙があり 笑いがある
しかし人は
そこに留まっていることをゆるされない

呼吸はいつも
足音のように胸のうちでなり
風はいつも
生を洗いたててやまない

人が ひっくりかえろうと つまずこうと
前へ押し出されてしまうのだ



◆前に志樹逸馬(1917〜59)の詩を読んだのは11月6日だった。
いま振り返れば、奇しくも相棒ポーが私たちとの最後の夜を眠っていたころに、志樹の「曲がった手で」を読み、短い感想を綴っていたのだった。

手に水をひたしながら自分の中にもある水、命の根源を養うものを感じさせる詩であった。いわば「水」をモチーフとして、沈思の表情の生、「静」の状態の生を表現していた。

◆この詩は対照的に、はじけて、砕けて、転がる生、つまり動態の生を表現している。
60年以上も前の詩に「はじける」という言葉が生動していることに驚く。

◆この詩のモチーフは「風」だ。

わが身を翻弄し生へと駆り立てる風、それは自分の中にも吹いている。
「足音のように胸のうちで」なる呼吸とは、生の真っただ中に在るわれと世界の息吹そのものだ。

***

【11月6日の記事】
志樹逸馬「曲った手で」
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2491






この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2515
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml