• もっと見る
« 戦史叢書『捷号陸軍作戦〈2〉ルソン決戦』読了 | Main | 若松英輔「生きる足取り」 »
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
若松英輔「手の仕事」[2022年11月26日(Sat)]

◆出先で食べようとおにぎりを作り、お茶とコーヒーも用意したのに、時間を気にしたスキに持って出るのを忘れてしまった。作ったおにぎりは3人分の6ケ。4ケは留守番する家族の分だ。

◆帰宅後、次の詩に出会って、手が二本あることの意味について思いをめぐらすことになった。


手の仕事   若松英輔


危機のときには
 片手に
  見えない杖を
   もたねばならない
しかし
 もういっぽうは
  誰かの手を
   つかめるように
    空けておけ


詩集『美しいとき』(亜紀書房、2022年)より

◆自分に備わったものを用いて危難を避けるのは当然だが、それさえ杖の助けがあって可能になることがある。「見えない杖」とは誰かが差し出してくれる有形無形の支えのことだろう。
それを神慮として深く受けとめる場合もある。

そうした時でさえ、もう一方の手を空けておけ、と詩は言う。
誰かが助けを必要としていても、誰の両手もふさがっていては、すがることをためらい、呼び止める言葉を吞み込んでしまうことさえあるだろうから。


◆さて、おにぎりは両の掌を結び合わせて作る。
ならば、握りながら、食べる誰彼のために、と念じながら握れば、仕上がりも違ってくるだろう。

今朝、留守番部隊の分まで握ったときにそんなことまで考えなかった。
海苔やゴマ塩を用意したついでに、と考えたに過ぎない。

◆帰宅後、忘れて行ったおにぎりを食べたら塩が少々足りなかった。誰かのためにという心がけの方も足りなかったためだろうか。

畢竟、凡夫の両の手は、わが身を養う目的の外に出ることがない。






この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2511
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml