• もっと見る
« 小泉周二「海と犬」 | Main | 戦史叢書『捷号陸軍作戦〈2〉ルソン決戦』読了 »
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
黒田喜夫「歩いていろ」[2022年11月25日(Fri)]


歩いていろ  黒田喜夫


歩いていろ。
何時も歩いていろ。
ぬかるみにも寒空にも歩いていろ。
たゆまず歩いていろ。
汚れても、やせさらばえても
泣きながらでも
まろびながらでも、たゆまず歩いていろ。
手足をしばる青白いいら草の
感傷は刈り取れ。
卑しいこうもりのように、暗がりにうずくまるな。
小さな穴の、原始の匂いにこころひかれるな。
曙光のときも、光り没するときも
骨身にたえて歩いていろ。
夏にも涸れるな。冬にかじかむな。
心くるめくときは、牛のように自らを律し
心痛むときは、葉のように自らを鼓舞し
そのようにりんりんと
尽きぬ泉の歩みを歩いていろ。
そのようになまなましく
ぎりぎり決着の歩みを歩いていろ。


木島始・編『列島詩人集』(土曜美術社出版販売、1997年)より


◆自らを鼓舞督励する向日的な詩に見せかけているが、ほんとうは、深い悲しみが胸を領しているのだと思う。

まろびながらでも歩く――そうしなければ、あるか無きかの自恃すら、零れた涙とともに地に滲み、やがて消えてしまうだろうから。

その悲しみの半分は、外に向けない怒りでもあるのだ。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2509
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml