• もっと見る
« 岸田衿子「こいぬは なぜ あったかい」 | Main | 黒田喜夫「歩いていろ」 »
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
小泉周二「海と犬」[2022年11月23日(Wed)]


海と犬  小泉周二


海だよ
って言うと
犬は
海だよ
って
海に向かって
海を見ている

波だよ
って言うと
犬は
波だよ
って
あとずさりして
泡を見ている

風だよ
って言うと
犬は
風だよ
ってしっぽをふって
ぼくを見上げる


詩集『誕生日の朝』所収の一編。
現代児童文学詩人文庫9『小泉周二詩集』(いしずえ、2004年)によった。


◆海までそんな遠くないのに、この詩のような時を相棒と持ったことがなかったなァ、と悔やんでいる。
強い陽射しの土手道で、ずいぶん相棒を待たせている間も、川は休むことなく海へと注いでいるのだったが。







この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2508
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml