• もっと見る
« 畑島喜久生「いぬさんが・・・・」 | Main | 井村たづ子「てこの原理」 »
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
畑島喜久生「アリ」[2022年09月22日(Thu)]


アリ   畑島喜久生


お前には 悔いはないか
ある ある おおあり
悔いのみならず 悩みもが

……とである
アリの頭の上の ナシ棚の梨が(です)
わたしは いっさい無しと
……というより
人においしく食っていただけるのが
      楽しくて――って



現代こども詩文庫3『畑島喜久生詩集』(四季の森社、2022年)より

◆少年詩集『わたしの昆虫図鑑』からの一編。
カマキリやハエ、ゴキブリに至るまで、身近な虫たちになり切って
語るのだから、アリの頭上の梨だってしゃべらずにいない。

「ナシ」は「無シ」に通じるので縁起がよくないとして「有りの実」と言い換えることさえあるが、ここでは逆で、「アリ」のほうに「有る」ものといえば、「悔い」や「悩み」といった、「無し」に済ませたいものばかりなのだから、「無シ」の方が幸せなのだ。

その何にもない「梨(ナシ)」の喜びは自らを供すること、すなわち我が身を「無」にすることだというのだから、「無」の徹底は利他の生き方ということになる。
「アリ」が個の中にとどまって窮屈でしんどそうなのに、「ナシ」の方は無一物でありながら豊かで幸せそうだ。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2445
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml