• もっと見る
« 「弔意」は強制できない | Main | 近所の案山子(その2) »
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
かわかみまさと「せっけんのあか」[2022年09月12日(Mon)]


せっけんのあか  かわかみまさと


おじいさんのあかはつちいろ
おばあさんのあかはくもいろ
おとうさんのあかはかぜいろ
おかあさんのあかはゆめいろ
わたしのあかは
ひがわりメニューの
なないろとうがらし
せっけんは
いろいろなあかを
もくもくおとして
けしつぶほどに
ちいさくなりました

いったいどなたのあかが
せっけんのあかをおとしたのか
せっけんは
きえてしまった
てのあかにもくれいし
きみたちは
わたしの
こころのよごれをぬぐいさった
エンジェルだとつぶやきました



『仏桑華(アカバナ)の涙』(コールサック社、2022年6月23日発行)より

◆詩集題名や、この詩集の発行日とした日付けで察せられるように、作者は沖縄・宮古島に生まれた詩人・医師。現在は富士山麓の病院長とのこと。

◆せっけんはさまざまな「あか」を落とし奉仕し尽くして姿を消してしまうのに、人間の方はそれにありがとうの一言もない。そういう気づきが、最初にあったのだろう。
そのままでは教訓クサイ話になってしまうのを、せっけんも「あか」を落としたのだ、という風に視点を逆にしたことから思いがけない世界が広がった。

もう一つの発見は、順に風呂に入る家族みんなが同じせっけんを使う、ということだ。
「あか」を流しながら家族の一人一人に思いが向かう。

流し去ったものは家族の悲喜こもごも、過ぎてみればいとおしいものにさえ思える家族の歴史の隈々(くまぐま)だ。
祖父母や父母が流した「あか」、それを受け継いだ自分の「あか」……
そのことに気づかせてくれたのがせっけんだった。

*「わたし」から「あか」たちへの「もくれい」が、せっけんから「あか」たちへの「もくれい」であるようにも読めるところが面白い。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2435
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml