• もっと見る
« 境節「あらわれる」 | Main | 相鉄線から »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
池井昌樹「椿事」[2022年07月24日(Sun)]


椿事  池井昌樹


いつものえきのかいさつで
ばったりであったそのひとは
かたてをたかくさしあげて
なにかいったがきこえなかった
ぼくはあたまをふかくさげ
なにかいったがおもいだせない
でんしゃのなかでそのひとは
いまはもうないひとだったこと
めずらしいことでもなかったが
めずらしいことといったら
むかいのせきからてをあげて
ぼくをよぶあのこえのこと
おもわずぼくもてをあげて
なにかいおうとたちあがりかけ
それきりきえてしまったことだ
めずらしいことでもなかったが


『未知』(思潮社、2018年)より


◆ひょうひょうと「めずらしいことでもなかった」と言っているできごとは、二つ。
「いまはもうないひと」にばったりであったこと。
それと「ぼくをよぶあのこえ」に応えてたちあがりかけ、それきり「ぼく」が「きえてしまったこと」だ。

最初の方は「ぼく」は生者の側にいて、「そのひと」はもう亡くなっている(そのことに後で気づく)、というのだが、後の方は、「きえてしまう」のは「ぼく」のようだから、すると「ぼく」もまたもう亡くなっているのかも知れない。
あるいは「きえてしまった」というのは、死者の側に行きかけたのが、「あのこえ」に呼び戻されて、あちらの世界から消え、生者の側によみがえった、ということかも知れない。

生き返ったとすれば、まさにそれは「椿事」以外のなにものでもない。

だけどそれは「めずらしいこと」でもない。日々あっちへ行き、こっちに戻りと、風船の中に入れた魂みたいに彼我を往還して暮らしているようなものだから。だいたい、あっちとこっち、区別しする意味がどれだけあるというのだろう?



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2386
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml