• もっと見る
« 辻征夫「遠い花火」 | Main | 城侑「椅子の形」 »
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
辻征夫「海」[2022年07月16日(Sat)]


海  辻征夫


海が
小さな手で
ぼくの
足にさわりにくる
風は
ぼくと岩との
くべつもつかず
ただいかにも風らしく
海から陸へ
吹いている
そしてぼく
ぼくのこころは
まだ発見されない
小さな無人島なんだ
じっと海を見ている



★1972年3月の「朝日小学生新聞」に載った詩だという。
谷川俊太郎『辻征夫詩集』(岩波文庫、2015年)に拠った。


◆だれにも身の内に小さな無人島を持っているとしたなら、それを発見するのは自分ではない。
風に運ばれて波のはるか彼方からやって来る冒険者――彼が未知の「ぼく」の名誉ある発見者というわけだ。

むろん逆もある。
「ぼく」がたどり着いた島で出会う未知の存在、その内に自分と違う「こころ」が息づいていると知って始めて彼を「発見」したということができる。

自分について知っていることは大してなくて、他者を「発見」して始めて分かってくることの方が実はたくさんある――人が生きて行くとは、そんなことなんじゃないだろうか?





この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2378
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml