• もっと見る
« [政治と教育]菅前首相講演会中止問題(その2) | Main | 辻征夫「遠い花火」 »
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
谷川雁「雲よ」[2022年07月15日(Fri)]

DSCN5778.JPG
横浜を流れる大岡川、弁天橋のたもとで。


*******


雲よ  谷川雁

雲がゆく
おれもゆく
アジアのうちにどこか
さびしくてにぎやかで
馬車も食堂も
景色も泥くさいが
ゆったりとしたところはないか
どっしりした男が
五六人
おおきな手をひろげて
話をする
そんなところはないか
雲よ
むろんおれは貧乏だが
いいじゃないか つれてゆけよ


松原新一・編 
谷川雁詩文集『原点が存在する』(講談社文芸文庫、2009年)より


◆一つ所に留まって居てはならない、と思い込んでいるところが人間にはあるんじゃないか。
水さえあればどこにだって行ける船が、こんな風に係留されているのを眺めていると、そんな気がした。

岸につながれて暫しの骨休めのようだけれど、なに、このままだって、一向に構わないわけだ――旅の記憶を爪繰っていようと、そうでなかろうと。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2376
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml