• もっと見る
« 友部正人「悲しみの紙」 | Main | 徳元穂菜「こわいをしって、へいわがわかった」 »
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ブコウスキー「町の掲示板に貼られた政治家候補者の顔」[2022年06月22日(Wed)]

◆参院選公示。
毎度同じ場所に設置されるポスター掲示板、こんなところに! と、立ち止まる人の居そうにない場所に立つものも結構ある。

境川を挟んで横浜市側も藤沢市側も、日程が確定する前に掲示板を設置してはいたが、横浜市は「7月10日投票日」の文字も貼りだした掲示板になっていて、フライングではないかと疑問があがっていた。話題を提供するのも投票率をアップさせる作戦のひとつ、と企んだかどうか。(藤沢市の方は公示日の今日、一斉に投票日を明示したポスターを追加で貼った。市内各所の災害用拡声器から、期日前投票を告知する放送もあった。初の試みかも知れない。)

◆「よ党」と「ゆ党」と揶揄される人たち、この湘南の奧地まで回ってくるかどうか。来ても握手はしないと思うけれど、ミーハーだから、ツイ手ぐらい振ってしまうかも知れない。

*******


町の掲示板に貼られた政治家候補者の顔
              ブコウスキー

                        中上哲夫・訳

この人物は――
めったに二日酔いにならず
めったに女性と喧嘩せず
めったに人を退屈させず
一度も自殺を考えたことがない

歯刷毛はせいぜい三本で
一度も食事をとりそこなったこともなく
一度も刑務所に入ったこともなく
一度も恋に落ちたこともなく

靴は七足

息子は大学生で

車は一年間使用車

保険証券

青々とした芝生

蓋がきちんと閉まったゴミ缶

この人物は選ばれるだろう



中上哲夫・訳『ブコウスキー詩集 指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っ払ったピアノを弾け』(新宿書房、1995年)より

◆飲んだくれたり、喧嘩したり、また時にはひどく落ちこんだりする民衆とは異なり、堅実を額縁に納めたような経歴と暮らしぶりを笑顔にこめた「候補者」――

――むろん、辛辣な皮肉だ。取り違えるはずはないと思うけれど、念のため。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2354
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml