CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 1940年冬、ソビエト・フィンランド戦争 ある若者の死 | Main | クァジーモド「兵士たちは夜に泣く」 »
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
《煮えたぎる泥の鍋の底で》[2022年05月22日(Sun)]

◆〈マスクの使用について政府見解〉などというのがニュースになる……
何だろう、この冗談みたいな、底の抜けた感じは?


*******


さらなる地獄について  クァジーモド
                    河島英昭・訳


ある夜、スピーカーから叫ぶのではないか
オレンジの花の誕生について
ほころびかけた愛について語りながら、
ある夜、あなたたちは、いきなり
正義の名のもとに水素が
大地を焼きはらうと。森と動物たちは
崩壊の方舟(はこぶね)のなかに熔けこみ、炎は
鳥黐(とりもち)となって馬の頭蓋骨を覆い、
人びとの目を塞ぐ。それからわたしたち死者に向かって
あなたたち死者は言うだろう、新しい掟の
いくつかを。古めかしい言葉づかいのなかには、
別の徴(しるし)が、細身の刃(やいば)、忍び込ませてある。
すると誰かが呟くだろう、煮えたぎる鉄屑の上で
すべてをまた発明するだろう、
あるいはついに、同じ宿命のなかにすべてを失うであろうか、
(こぼ)れ落ちる呟きと、弾(はじ)ける光の
炎と共に。あなたたち死者はわたしたち死者に向かって
希望を語ることはないだろう、
煮えたぎる泥の鍋の底で、
この地獄の底にあってまで。



河島英昭・訳『クァジーモド全詩集』(岩波文庫、2017年)より
第五詩集『比類なき土地』(1958年)収載の一篇。


◆「あなたたち死者はわたしたち死者に向かって/希望を語ることはないだろう」とまで言うのは「正義の名のもとに/水素が大地を焼きはらう」時代に生きていると認識するからだ。
「煮えたぎる泥の鍋の底」に在って、もはや「希望を語ることはない」のだとしても、それでも言葉を紡ぐことをやめないのは、なぜか?



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2322
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml