CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 飯島耕一「他人の空」+横井庄一さん | Main | 飯島耕一「歩行の原理」 »
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
飯島耕一「水の磁石は」[2022年01月25日(Tue)]


水の磁石は  飯島耕一


水の磁石は
何年も水を汲み上げた滑車のように死ぬ。
燐のようにきらりきらり光りながら、
まだ光のさしこまない
土の方へと進んで行く。

木の葉が死ぬときは
光のさしこまぬ土を飾るときだ。
そして ぼくはそのうえで
火をつくり
青空につつまれて焔になる。



『現代の詩人10 飯島耕一』(
中央公論社、1983年)より。
 
◆「水の磁石」がいかなるものか判然としないけれど、水が光の支えを得て命を育てる、その働きの指向性をイメージとして表現したものと解して置く。

◆育ての根源である元素の力は、育てた木の落葉とともに一旦死ぬ。
そうして、その「死」は、ぼくがそれを火の種とし、さらに「ぼく」自身が火焔となることによってあがなわれ、讃えられる。
死と蘇生と循環の諸相という宇宙のイメージ、あるいは流転の図。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2206
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml