CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 須賀敦子(もつことは) | Main | 飯島耕一「他人の空」+横井庄一さん »
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ヴィクトリア駅の鳩:須賀敦子「同情」[2022年01月23日(Sun)]


同情  須賀敦子


つめたい秋の朝の
ラッシュアワーの停車場前
がつがつとパン屑をついばみ
せはしげに まばたきして うずまく
青、灰、緑の
鳩の波に
ひとり 背に 首をうづめて
うごかぬ おまへ
セピア色の 鳩よ。

あゝ
わらっておくれ
うたっておくれ
せめて みなにまじって
わたしを安心させておくれ。

(いろがちがふからといって
なにもおそれずともよいのだ。)

主よ 一羽の鳩のために
人間 が くるしむのは
ばかげてゐるのでせうか。


        ヴィクトリア・ステーションにて
    
                 (1959/9/7)


 *須賀敦子詩集『主よ 一羽の鳩のために』(河出書房新社、2018年)より


◆須賀敦子はローマ留学中の1959年、夏から秋にかけてロンドンに遊学した。
上の詩はロンドンのヴィクトリア駅で見た鳩たちに寄せたもの。

中に一羽の鳩が目に留まった。
他の鳩と違ってパン屑に熱中するでもなく、羽の色も他と違う。
肌の色、瞳の色の違う人々の中にあって、わが身の孤独をその鳩に重ねてしまうのは自然なことだった。

◆その昔、紫式部は、中宮彰子に御子誕生で浮き立つ道長邸の華やぎをよそに、池に遊ぶ水鳥にわが身を重ねて次のように詠んだ。
1959年の秋を迎えたロンドン、須賀敦子の心境もこれに近いものがあったように思う。

水鳥を 水の上とや よそに見む
  われも浮きたる 世を過ぐしつつ

かれ(水鳥)もさこそ心をやりて遊ぶと見ゆれど、身はいと苦しかんなりと、思ひよそへらる。

*「紫式部日記」寛弘五年(1008年)、秋から冬にかけての記事。






この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2204
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml