CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 須賀敦子(あゝ/とうとう) | Main | ヴィクトリア駅の鳩:須賀敦子「同情」 »
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
須賀敦子(もつことは)[2022年01月22日(Sat)]

須賀敦子詩集『主よ 一羽の鳩のために』から1959年6月25日の日付け、すなわち前回の「あゝ/とうとう」の2週間ほどのちに綴られた一篇――


(もつことは)   須賀敦子


もつことは
しばられることだと。

百千の網目をくぐりぬけ
やっと
ここまで
ひとりで あるいてきた私に。

もういちど
くりかへして
いひます。

あなたさへ
そばにゐて
くだされば。

もたぬことは
とびたつことだと。


       (1959/6/25)


◆自分の所有物や係累、世俗的な価値をまとったもろもろのものを離れて自由になる――
生まれた土地を離れ、異国に暮らすことを選んだ人が最も願うことだ。
順婦満帆に行かないことは百も承知で。

◆「あなた」は詩集の題にある「主」を指すのだろう。
信仰は、それを「持つ/持たない」という述語をセットに案じているあいだは、まだ「なま学生(がくしょう)」のような半端者だ。
意識する必要がなくなった、「主」に直接語りかけるの対話、それは返答を欲しない、一方から放つ呟きのようなものかも知れないが。

「もたぬことは/とびたつこと」と自分自身にもういちど「言う」こと。「自由」にしてくれるのものが「言葉」であるからこそ、「言う」のだ。
そう言えば、「始めに言葉ありき」と聖書にも記されていた。



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2203
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml