CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 焼き肉を食べる子ども | Main | 須賀敦子(あゝ/とうとう) »
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
〈知恵のはば〉:三木卓「人間像」[2022年01月20日(Thu)]



人間像  三木卓


二十年前の十月 飢えた子どものぼくは
引揚船のタラップを すってんころりん
頭のてっぺんから日本についた
貧しい祖国は この子をつめたくあしらい
それで 人間や戦争 愛や死のことを
学びながら大人になっていった
ふりかえってみると ぼくもぼくの友だちも
大人の世界に欠けたものを痛く感じ
それになりたいとねがってきたのだ

だから きみ きみの知恵のはばで
いま 未来に命令と教育をほどこすな
子どもたちはきみを容易にこえる
きみは期待をかけることはできない


『おりふしの歌 1966』(1966年「社会新報」)に連載。
『三木卓詩集 1957ー1980』(れんが書房新社、1981年)に拠った。


◆大連で少年時代を過ごした少年は敗戦時10歳。引き揚げの途中で父や祖母を亡くした。

それから20年、食糧や仕事にまして大人たちに足りなかったと痛感してきたもの――戦時中はもとより戦後も、それが相変わらず足りないままであることを64年東京オリンピックを過ぎて改めて目の当たりにする。

それからさらにさらに半世紀以上も過ぎてなお、足らざる「知恵のはば」で大人は子どもたちに命令する。
――誰か言ってたな、ちゃんと――「威張るな。」




この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2201
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml