CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 安住幸子『夜をためた窓』 | Main | 窓の詩その3:日下新介「自由はいまも……」 »
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
大手拓次「月の麗貌」[2021年11月09日(Tue)]

◆昨日の安住幸子「夜をためた窓」で、”月も人間の方を見ている”というイメージを思い浮かべた。
太陽ではそうした連想は浮かばないし、金星や火星では、天体望遠鏡を眺める人でない限り、星の方がこちらを見てくれている、という感覚は出てこない気がする。

眺めるにふさわしい大きさと運行の仕方ゆえに、沈思や憧れの友として月は居てくれる。
それゆえに、空に浮かぶ月をながめながら遠方にいる誰かを思う、という詩歌が古今東西多いことになっているのだろう。

大手拓次の次の一篇もまた、「月」と「窓」が分かちがたいものとして歌われていて、夢の世界にいざなう。

***

月の麗貌    大手拓次


月は窓のほとりに
羽根をかくしてしのびより、
こゑもださず、眼もひらかず、
ゆく舟のそよぎのやうに
黄金(きん)の吹雪の芽をのばす。



日本の詩『大手拓次』(ほるぷ出版、1975年)より



この記事のURL
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2129
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml